「悪人」

b0212305_2229478.jpg


  「悪人」  ヒューマンミステリー  ★★★★
         妻夫木聡  深津絵里


そういえば「悪人」の試写会に当たったけれど、邦画はあまり得意じゃないので
娘にあげちゃいました
お友達と観に行った娘曰く「めちゃよくできてて泣いた」
らしかったのでちょっと後悔・・・
ようやくDVDになったので観てみました

妻夫木聡演じる「祐一」が出会い系サイトで知り合った女性を
殺害してしまい、以前出会い系で知り合った
深津絵里演じる「光代」に惹かれながら共に逃亡する。
祐一に関わる家族や生活を垣間見ながら
追い詰められていく二人の様子を描いている

最初はかなり荒々しい展開で有無を言わさずスタートして行きます
重い・・・そしてもの悲しくてさみしい
観ているうちにどんどん重いものがのしかかってきます

この映画はカナダのモントリオール世界映画祭で
深津絵里が「最優秀女優賞」を受賞しています
健気でピュアな女性を見事に演じていますね
それには妻夫木君の狂気を漂わせる演技があっての
たまものですね
しかし・・・やはりこの作品に至っては「樹木希林」あっての
大作ではないでしょうかね
さすがにうまい!
キャストを食っています
それにカメラのアングルというか
撮り方が映画映画してなくて
ドキュメンタリータッチに仕上がっていて知らぬ間に
入り込めてしまいます


九州が舞台で 福岡・長崎・佐賀とロケ地もさまざま
特にラストで二人が身を寄せる長崎にある「大瀬崎灯台」
のシーンはとても美しい所で感動しました

なかなかやるやん邦画!
まだ観てない方は一見の価値アリ!
ただし・・
かなり重いですよ・・(笑)
[PR]

by tabitabi-neko | 2011-07-15 23:41 | DVD

「ナイト&デイ」 「デイブレイカー」

なんだか雨交じりのややこしいお天気ですね
こんな日はDVD鑑賞といきますか・・・
ずっと観たかった「ナイト&デイ」
パッケージに惹かれた「デイブレイカー」


b0212305_1357661.jpg
「ナイト&デイ」 アクション   ★★★★
トム・クルーズ  キャメロン・ディアス 

 ジューン(キャメロン・ディアス)が妹の結婚式に出席するために
 ボストン空港で搭乗しようとするがロイ(トム・クルーズ)と運命的
 な出会いを果たしそこからFBIに追われる羽目に・・・・ 
 ロイはFBI所属のスパイだった
 ロイは”ゼファー”という高機密の新発明の物を所持しこれを発明
                した高校生のサイモンを助け出すと言う
 
 その一方でFBI に追われるロイがスペインの武器商人と”ゼファー”を裏取引
 しようとしている所を見ててしまう
 いったいロイは何者なのか・・ 

 ★のっけからハイスピードで展開されていくストーリーに
  思わずにやけてしまいました
  これは面白い予感!
  案の定ロイは何者なのか善悪どちらにもとれる展開に
  引き込まれました 
  アクションはCGが荒く銃激戦のシーンではオイオイそりゃないでしょ
  と突っ込みそうな所も多々ありますがラブコメディータッチの要素もあり
  許せる範囲です
  何せ久々のトム・クルーズはやっぱりナイト(騎士)でした
  そしてキャメロン・ディアスのシワがちょい気になりましたが
  お茶目なところがかわいいので全然許します♪
  スリル・ラブ・コメディーを網羅した点では期待どうりでした
  ストーリー展開が飽きさせなくて最後ににんまり♪
  幸せになるアクション映画です
  是非お勧め!


b0212305_13572742.jpg

 「デイブレイカー」  近未来SF  ★★*
 イーサン・ホーク  

 世界を襲った疫病で人間はほぼバンパイアとして生存するように  なる
 バンパイアになると永久に生きる事ができるが数少ない人間の 血を奪わないと凶暴でゾンビのようになってしまう
 
この世を嘆いた科学者エドワード「イーサン・ホーク」が
代用血液を開発するが製薬会社の創始者の金儲けに利用される
バンパイヤが唯一人間に戻れる方法を知ったエドワードは
生き残った人間達を助けバンパイアと戦うことを決意する


★始めから事態を説明せず走り出す感じです
 なので絶えず??が付きまとう 
 1時間30分という案外短い映像なので
 疫病が蔓延する理由などを30分いや20分でも
 説明してくれればもう少し入り込めたかなって感じです
 バンパイヤが血に飢えて凶暴化する辺りはSFというより
 まさにゾンビ!
 ちょっとグロテスクなシーンもあってびっくりです
 ですがもしこれが現実になったら・・
 と考えると身震いですね~
 案外面白いのかも・・
 私はう~んでしたが
 次に期待!
[PR]

by tabitabi-neko | 2011-06-18 15:30 | DVD