女3人カンボジア  3

今日は観光最終日
朝からおかゆで腹ごしらえ
b0212305_10155890.jpg


今日はタ・ケウとプリア・カンを廻る予定だ
時間になるとラーさんのお兄さんの「ポブさん」が来てくれた
どうやらラーさんは英語が出来て社交的なのでお客をキャッチする係
それを友人や兄弟に分けているようだ
ラーさんには近場を廻る時に来てもらっていたので
都合2回 計$2の仕事のみだ
昨日の友人はあんまり道路事情に詳しくなかったが
おとなしい感じでいつもにこにこしていた
ポブさんは寡黙でてきぱきしている
遺跡の道路には警官が隠れていて時々ドライバーに検問したりする
ドライバーは番号の付いたベストを着ていて
これが営業の許可証のようだ
なので、アンコール・ワット周辺のドライバーは比較的信用が置けるのだ
b0212305_10161047.jpg


タ・ケウに到着
緑砂岩でできた寺院だ
b0212305_10162273.jpg


寺院の階段をのぼると・・・
でた! 幽霊か・・・
と思ったら土産売りの子供だった
何かしゃべってよ。
b0212305_1017599.jpg


王の死により未完成のまま放置されている
b0212305_10172312.jpg


カンボジアの遺跡は塔に登って眺められる所がすばらしい
b0212305_10174887.jpg


南大門をぬける
b0212305_1018189.jpg


修復中のプリア・カンの西塔門
b0212305_11541095.jpg

b0212305_10184052.jpg


ジャングルの中で忘れられていた遺跡プリア・カン
アンコール遺跡の中でもこのプリア・カンが最も好きだ
b0212305_11562347.jpg

ガーナにまたがるガルーダ
b0212305_1019797.jpg


b0212305_10193828.jpg


b0212305_1020899.jpg

デバター 今にも飛び出してきそう
b0212305_10203128.jpg


b0212305_10525422.jpg


b0212305_10534177.jpg


忽然と現れる天空の宇宙空間を思わせる
b0212305_10211730.jpg

迷路のような回廊に行く手を阻むリンガ台
b0212305_1022935.jpg


b0212305_10223470.jpg


遺跡めぐりを終えてバーストリートへ
そこでは、ストリートパフォーマンスが黙々と進められていた
それにしても、あちこちナマ傷だらけ
熟練と言うよりは1週間ほど前に考えました・・・
と言う風であって「この人にカンパしなければこのまま終わってくれない」
と悲しさを彷彿とさせるのもでした・・・

b0212305_10241790.jpg

たまには、ピザも。 釜焼きハワイアン $7は高価です  
b0212305_12243100.jpg


オールド・マーケットで買い物
独特の臭いが漂う
アジアの市場は見ていて楽しい
b0212305_10244981.jpg


1日運転してくれたポブさん
日本のお友達にも紹介して下さい!って
ありがとう!
ラーさんにもよろしく!
b0212305_10251671.jpg


トランジットでホーチミンの空港にて牛肉のフォーを食べる うま!
b0212305_10261819.jpg


ベトナム航空の機内食 和食選んでもいいでしょ
b0212305_10262790.jpg


旅を終えて無事家に到着
カンボジアではいろいろあった
トンレサップではどうなるかと思ったけど
憧れのアンコール・ワットをこの目で見れたし
ツゥクツゥクの運転手はいい人達だった・・
感慨にふけながら荷をほどく
いただき物や旅先で買った象を窓辺に並べている
ここにオールド・マーケットで買った象の親子を並べようっと・・・・
b0212305_10491041.jpg


開けてびっくり!
なんと、そこには ゾウではなくイルカが・・・
やられた!
う~ん、さては マーケットで象の親子を値切って買ったっけ・・
店のママさんはやけに厳重に新聞で包んでくれてたよなー
ホテルで開けようとしたけどあまりにも丹念に包んでくれていたんで
そのまま楽しみにしてカバンに入れていた
長さはそっくりの売れ残りのイルカを包んだんだろう
あっぱれ!カンボジア
マーケットのママのにやけた顔が目に浮かぶ・・・
b0212305_10445568.jpg

[PR]

by tabitabi-neko | 2009-10-22 10:14 | カンボジア

女3人カンボジア  1

かねてから1度は見てみたかった世界遺産アンコール・ワット
そのアンコール・ワットへ女3人で行く事になった
アジアの中でもまだ途上国のカンボジア
地方では地雷や近隣のアジア諸国とのトラブルも耳にする
ツアーなら大丈夫か?
フリーな時間もありながら格安で行きたい
その願い通り1日アンコール・ワットと周辺の観光付き
フリープランで行く
ベトナム航空でホーチミンへ
ホーチミンへは5時間半
ホーチミンからはカンボジア航空に乗り換えて
1時間でシュムリアップへ到着
宿泊はシティー・ロイヤルホテル
大通りに面していて便利がいい
荷物をホテルに置いてナイトマーケットへ
散策と食事を兼ねて市内の様子を見に行く
ツゥクツゥクでぼられそうになりながら逃げ切る
アジアで甘い顔を見せてはならない。 鉄則だ
外に客引きがいたレストランだったが
値段は納得サービスも味もよかった!
もともとカンボジア料理に期待はしていなかったので
やさしい味に感激する
明日から楽しみだ
ナイトマーケットで地雷撲滅Tシャツを買って明日の観光に備える
b0212305_14371787.jpg


ホテルのバイキング 今日1日の体力の源のため
おかゆを3杯おかわりする
アジアのおかゆはどこでもうまい!
b0212305_13353522.jpg


1日観光に付き添ってくれる「リアップ」さんに連れられて
バイヨンへ向かう 観光は3人だけだ
アンコール・ワットと周辺の遺跡を見るには入場料がいる
1日20ドル 3日間通し券で40ドルだ
明日も行きたいので通し券にする
写真付きパスで毎回確認を怠らない
まずはアンコール・トムへ
蛇神ナーガの胴体を抱えて並ぶ神々
b0212305_13355120.jpg


中心に位置するバイヨン寺院の南大門が見えてきた
ここは仏教の寺院
四面菩薩像が彫られた5つの門により守られる
b0212305_1336582.jpg
b0212305_13362180.jpg


壁面には踊るレリーフが
b0212305_13364116.jpg
b0212305_13365892.jpg


巨大な観音菩薩像
b0212305_13371785.jpg
b0212305_13373619.jpg

b0212305_13375212.jpg


修復中のバプーオン
b0212305_13381437.jpg

b0212305_13383246.jpg

b0212305_13385099.jpg


王宮跡とリアップさん
b0212305_13391167.jpg


象のテラス 象の彫刻がなされ儀式や式典に使ったとされる
b0212305_1339279.jpg


美しい女神像
b0212305_1339442.jpg


ライ王のテラス 
b0212305_1340825.jpg


いよいよタ・プロームへ
ジャングルの中眠る遺跡
b0212305_15444911.jpg


密林に囲まれて今にも崩れそうなタ・プローム
b0212305_1545501.jpg


樹木に押しつぶされそうな寺院
b0212305_1544077.jpg


塔を侵食する木。生命力を感じる
b0212305_13414267.jpg


一旦レストランで昼食
ココナッツカレーと揚げ春巻き カンボジア料理はうらぎらない
b0212305_13423439.jpg

デザートにかぼちゃプリン 以外に塩味だ
b0212305_13432777.jpg


いよいよアンコール・ワットへ
12世紀前半スーリヤバルマン2世により創建されたヒンドゥー教の寺院だ
期待が高まる
b0212305_1611718.jpg


ついに来た!アンコール・ワットだ!
足がすくむ・・・美しい姿だ
b0212305_1614455.jpg


b0212305_134421.jpg


中に入ると回廊には戦いの壁画が埋め尽くされている
b0212305_13443426.jpg


回廊には美しい女神デバター
今にも歌いだしそうだ
b0212305_1649946.jpg


中央塔の近くまで接近!大きい
b0212305_1634361.jpg


第3回廊の階段 所々崩れてきている
急な階段は神の住む場所とされていた
b0212305_13462864.jpg


広大な敷地の中の遺跡 美しく整備されている
b0212305_13494886.jpg


さようなら アンコール・ワット 離れがたい
b0212305_13504166.jpg


夕日を見にプノンバケンの丘へ行く
小高い丘を登って・・・・かなりある
夕日が落ちるのを待つ
b0212305_135196.jpg
b0212305_13514174.jpg


来た道を下ってレストランへ
アプサラダンスを鑑賞しながらビュッフェだ
b0212305_13535414.jpg


何を食べてもおいしい!
b0212305_13541199.jpg
b0212305_13544258.jpg


駆け足で回ったアンコール・ワット
おちゃめなリアップさんのお陰で楽しく過ごせた
明日はフリータイムだ
客引きとの交渉大丈夫なのか?
どうなることやら・・
[PR]

by tabitabi-neko | 2009-10-20 16:45 | カンボジア

女3人カンボジア  2

いよいよ今日からフリーだ
現地のツゥクツゥクの運転手にホテルまで迎えに来てもらって
トンレサップ湖とロリュウス遺跡を周ってもらう予定だ

到着した夜、ナイトマーケットで食事をした帰りに歩いてると
屋台で羽化しかけのゆで卵を発見した
私達のもう1つの目的は現地の珍しい物を食べてみようという事でもあった
カンボジアでは滋養強壮食とされている
そのうちの1つを早くも発見してしまったのだ
担当は友人2人は卵とタガメ
私は蜘蛛になっていて見つけ次第、食するつもりだった
わあわあ騒いでいると現地の人が片言の英語で食べ方を教えてくれた
それがツゥクツゥクの運転手の「ラー」さんだった
味はゆでた鶏肉と卵を一緒に食べた感じで結構いけるそうだ
ただ所々にガシッと硬い物があたるらしい・・・
う~ん どうしても落下したツバメのヒナがだぶってしまう
カメラもぶれた
その時ラー氏に1日1台$12で遺跡を回ってもらう約束をつけていたのだ

モーニングを食べ終えるとホテルの入り口にツゥクツゥクが待っていた
行ってみると・・・約束のラーさん・・・ではない
友人だそうだ
あやしくないか?
証拠にメモ書きも持っている
う~ん、誰かに頼むとしても$12で行ってくれるのだろうか?
え~い、この際乗ってみよう
そうまとまって乗り込んだ
英語は話せないようだが、トンレサップとロリュウスは解ってくれているようだ
市内をぬけてトンレサップ湖へ向かう
b0212305_15382367.jpg


b0212305_15385611.jpg


b0212305_15392588.jpg


ガイドブックでは30分足らずで到着するはずなんだけど
国道をひた走っているが大丈夫か?
ようやく人に聞いて横道に入った
どうやら道に迷ってしまっていたようだ
穴だらけの赤土だ
民家も人も見かけない
ただ時々野良牛が草を食べているだけ
まだ着かない
草むらには地雷注意の看板も見える

いったいどうなるんだ?
そう思っていたらバイクを止められた
ここでボート代$20を払えと言われた
「ガイドブックには$15と書いていたけど」
「値上がりしたんだ」
ほんとにこの人に払っていいのか? 
b0212305_15395043.jpg


バイクから降ろされて歩いていく
道がぬかるんで来た
赤土にフナのような小魚を置いて売っている
すごい異臭が漂う
ここは市場のようだ
ラーさんの友人も付いて来た
ボートが見える
どうやらここが湖の入り口だ
b0212305_15401249.jpg


b0212305_15415791.jpg


b0212305_1621792.jpg


b0212305_16353579.jpg


少しずつ周りが見えてきた
ここではみんなボートを使って生活している
湖の上に学校やお店もある
洗濯、炊事、プール、お風呂、この水で全てをまかなっているようだ
ほかに観光客の姿も無い
どうやら私達は違う所から入ってきたようだ
従来のツアーが回るルートではないのかもしれない
b0212305_16212678.jpg


b0212305_1622031.jpg


b0212305_16225583.jpg


b0212305_16233295.jpg


湖の中ほどで若い船頭が突然ボートのエンジンを切った
動き出す様子は無い
ふてくされたように横を向いている
チップの要求か・・・
お金をとられるのか?
ここはカンボジアだ
何があってもおかしくない
無事帰れるのか・・・
一緒に乗ったラーさんの友人は何とかしてくれるだろう・・・
いや・・あせっているだけだ・・・
それより私はさっきから・・・トイレに・・・行きたいんです!
早く船を出してくれ。
「YOU GO!」
と叫んだら出発した
やれやれ・・・危なかった
b0212305_16235458.jpg


気を取り直してロリュオス遺跡群へ向かう
遺跡の前では子供達が迎えてくれる
b0212305_16241666.jpg


校庭のようなグランドに佇むロレイ遺跡
草に覆われて朽ちていく姿も悠然
b0212305_1624467.jpg
b0212305_16252596.jpg


椰子の実のジュースで休憩する
子供もかわいい
b0212305_16255514.jpg
b0212305_16261265.jpg


バコン遺跡へ続く道と裸足の少年
b0212305_16263226.jpg


b0212305_16265446.jpg


b0212305_16272069.jpg


b0212305_16281097.jpg

土産物屋で昼食にする
野菜入りヌードル $2 観光客プライスだろう
b0212305_16295977.jpg


ホテルに戻ってラーさんの友人と別れる
道に迷いながらよく走ってくれた
後ろに3人も乗せてあのバイクは大丈夫だったのか?
ガソリンも何度も入れていた 
$12のところ $15渡す
おつりは要らない
リトル・チップだ
b0212305_16302955.jpg


オールド・マーケットへ行く
b0212305_1631826.jpg

ここでミッションのゲンゴロウと大蜘蛛を発見
各自のミッションを遂行する
蜘蛛は佃煮にしてある
所々毛が生えている
カスカスしたカニのようだ
ゲンゴロウはかむとパリンと砕けたようだ
まるでプラスティックを食べたみたいだそうだ
あとでガイドブックを見るとゲンゴロウは羽と頭・手足はとって食べる
と書いてあった
ご愁傷様です・・・

案の定、昼寝の時間は寝付けなかった
b0212305_20412852.jpg

b0212305_16314177.jpg


遺跡の途中でラーさんから運転手に携帯が鳴った
電話を代わると今日はダウンしていて代わりに
友人に代わってもらったとのこと
「一旦ホテルに帰って夜夕食に出掛ける」と言うと
送迎してくれると言う
$1で交渉する

夕食はオールド・マーケット近くの
レストラン 「カンボジアンBBQ」へ
バイキングだ
しゃぶしゃぶと焼肉を足したような鍋
サラダやステーキもあってすべて うまい!
これで $6.5
日本にあれば毎日行きたい
b0212305_16322048.jpg


アサプラ・マーケットでアイス発見
今日も1日がんばりました
明日はどんなアクシデントがやって来るやら
b0212305_16323989.jpg

[PR]

by tabitabi-neko | 2009-09-21 15:37 | カンボジア