八尾美味しいサンドイッチカフェ♪「line」~カフェレストラン「ケープコート」☆

b0212305_18274628.jpg



台風一過のあとはもうカンカン照り! 本日バイク運転中にも相当焼けました
それでも出かけていく~♪(^。^)
本日お邪魔したのは八尾市若草町にあるパン屋さんに併設されているカフェ「ライン」
こちらのお店パンがすごく美味しいと評判のようなのです 

街中のマンションの1階にあってさり気ない佇まい
店内はイートインの席が広く取られていて居心地のいい空間です
美味しいパン屋さんって家に帰るまで食べるのが待ちどおしいですもんね(^。^)




b0212305_18275630.jpg



ランチセットがお勧めということでしたが・・・・



b0212305_1828576.jpg



でででっ・・・サンドイッチメニューがこんなにたくさん・・・
こりゃー一丁ご自慢の一品を頼みましょう☆



b0212305_18281547.jpg



うーんメニューを見比べたところで選んだのはこちら!
「乾塩ベーコンとアボガドのダッチサンド」☆ ¥650 ポテト付き♪
食パンのサンドだと思っていたらダッチサンド!っていうパンを選んでた
うわー硬くて口の中がやられそう・・・・と思っていたらなんの何のほわっとしてて香ばしい☆




b0212305_18282825.jpg




アボガドがこんなにご入場(^。^) しかも分厚いベーコンの塩加減と相まっていけるぅ♪
そんでもってパンは何じゃこりゃ!の美味しさ☆053.gif
ここのパン相当好きかも☆♪



b0212305_1828404.jpg




コーヒーは単品で¥400
お店のラスクも添えられていましたが?半分?誰かかじった?(^^)
こちらは案の定口の中の怪我に注意しながら戴きました 年取ると硬いものこわい(ーー;)
コーヒーはすっきりして私好み☆

まだ1種類しか食べていませんがこちらのパン屋さん再訪決定!☆




b0212305_18284987.jpg




続いては外環沿いにある大型レストラン「ケープコート」へ
爽やかそうな外観ですがお店自体年季が入っていてちょっと残念な感じ(^^)



b0212305_1829240.jpg




でもでもお昼時とあってかなり賑わっていましたぞ!
地元の人にはこの懐かしい洋食屋さんの雰囲気に人気があるのが伺えました

そこでメニューを見てびっくり 
パスタのランチにスープ・サラダ・ワッフル・デザート・ドリンクバーが付いて¥1200って安すぎ!
っていうより今食べてきたところなんでダブルランチは絶対にあかんでしょ(--)



b0212305_18291246.jpg




んでもってデザートもワッフルがご自慢かな! うんまそう☆



b0212305_18292193.jpg




けどけど・・・初心貫徹でうんしょっと プリンパフェ!¥650
最近パフェがマイブーム☆(ってことにしました^^)



b0212305_18293729.jpg




お店の手作りプリンは懐かしい味わい053.gif
ピンクグレープフルーツも入ってたりなんかしてイチゴのアイスまで間違うことなく美味しい☆♪
パフェはどこで食べても美味しいのだ(^。^)




b0212305_1829526.jpg




へてから・・・
お隣には普段わざわざ行かない「花と緑のグリーンライフ」っていうお花屋さんがあったりして
ちょっくら拝見してまいりました!



b0212305_1830289.jpg




う~ん☆  涼しい♪・・・ってそこ?
緑に癒される



b0212305_18301446.jpg




花など結構な確立で枯らしてしまう性分ゆえ
唯一丈夫なので大好きなアジアンタムを連れて帰りました!
バイクに乗っけて帰る途中に もうちょっと枯れかけてるやん(--)




b0212305_18302551.jpg




そうそう最近読んだ本を紹介してみます

b0212305_19413619.jpg



表現がわかりやすく入りやすい角田光代さんの作品ですがこれはちょっと共感は難しかったかな!
アジアを6ヶ月放浪していた主人公は帰国後もこれといったあてもなく
とりあえず付き合っていた彼女に連絡をするもののつかまらず
ネパールで知り合った女性の家に間借をして住むことになる

そこには長旅で知り合ったバックパッカー仲間が同じように間借りをし
お互いに干渉しない不思議なゲストハウスができあがります
そこでは明日さえも見通すことのない今の惰性だけを生きる若者達の姿がありました
共感はできないかといって何をすればいいのかわからない・・・
何かを見つけるために旅立ったものの現実に戻れば何一つ自分の思うようにできない
このモヤモヤしたもどかしさを旅帰りの若者とうい目線で妙に表現しているのです



b0212305_19414568.jpg



「藁の楯」で映画化された原作者でもある木内一裕さん!
映画は今イチでしたがこの「キッド」と「アウト&アウト」はめっちゃ面白かったです
どちらも立場は違えど人助けをしたことから自ら命を狙われ殺されそうになる話
信じた人を裏切らず悪の親玉にも命がけで突進していくストーリーは平成の男前!そのもの
冷酷非道でありながら弱い物を守り続ける男らしさはさしずめハードとまで言いませんが
ソフトボイルドでかっこいいのであります
ストーリーはどれもテンポ良く小気味がいい☆
どれを読んでもはずれなし♪って感じですかね




b0212305_19415768.jpg




もう一つ目を引いたのが「うち、からすいるんだけど来る?」っていう本タイトルからして面白い!
カラスの生態を鳥類学専門の監修で漫画タッチに書いたもの
イメージからして暗い・怖い・汚いと嫌われ者のカラスですが実は生態は都会のサラリーマンと一緒!
賑やかな所が好き・野菜は嫌い・肉やマヨネーズが大好き・・・・

時には人を襲った・・・・などと怖いニュースも流れますが実は卵を守っただけ
カラスも人間の大きさだと体当たりするにも相当勇気がいるそうで
仕方がなく後ろ向きになったところをコツンとするのが精一杯なんだそう
今では都会暮らしが一層楽になり人間の近くで生活することを覚えたんだそうですが
なかなか街の動物の残骸などを処理してくれたりありがたい一面もあるそうです

これ読んでカラス怖くなくなったぁ(^。^)
そしてこの挿絵を担当している中川学さん なかなか絵がヘタなところが気に入って調べてみたら
なんともシュールでユニークでした!

b0212305_20462258.jpg




アルバイト生活をしながらひょんなことから漫画家志望のトキワ荘プロジェクトに合格し上京
共同生活をしながらアルバイトで漫画家を目指すも気がつくと35歳!休日に遊ぶ人もいなければ
相談する人もいない 時折かかってくる電話は母親だけ・・・という窮地に直面
奮起してツイッターやフェイスブックも始めてみるものの友人を作るプロセスがわからず
始終厄介な局面にはまってしまうという切な悲しい奮戦記
私はHPからしか見ていませんがヘタうま漫画なかなか気に入ってます
がんばれ!中川学さん☆024.gif
[PR]

by tabitabi-neko | 2014-07-12 22:40 | ランチ